施工管理の資格と求人

施工管理の求人がきたら、資格所有者は有利か?

施工管理の資格と求人

施工管理とは、建設業系の仕事の現場監督のような仕事です。

この施工管理には実は資格があるのはご存じでしょうか。

資格なしで施工管理の仕事をしている人もいますが、資格を持っていて当たり前のようなところはあるかも知れませんね。

因みにこの資格は2つあります。

それは、1級施工管理技士と2級施工管理技士です。

1級と2級が存在するのです。

どちらも国家資格です。

もちろん、施工管理 求人に必要な資格は、1級の方が良いのですが、2級施工管理技士の資格を持っているだけで、住宅系の案件が行えますので、2級で十分と思っている人も多いようです。

求人が来た時に、この資格を持っていた方が良いのか?と思う人は多いようです。

資格はもちろん持っていた方が良いです。

特に1級を持っていると高く評価されるようですよ。

ですが、最初にも言いましたが、この資格は持っていて当たり前のようなところがありますから、この資格を持っているだけで有利か・・と言われればちょっと違うような気がします。

持っていた上で、その人の能力や経験などが見られますから、そちらの方が大事と言ってしまっても過言ではないでしょう。

あとは、やる気です。